【台風直後に見学】台風19号で洪水を受け止めた首都圏外郭放水路!【地下神殿】(後編)

ブログ

こんにちは!

いのゆり(@inoyuri18)です!

台風19号後、首都圏外郭放水路を訪れた記事の《後編》です!

巨大竪穴「第一立坑」に入ってみよう!

調圧水槽から見えていた第一立坑!

実際に入ることができます!

調圧水槽の見学を終えたら階段を登って一度地上に戻ってから、第一立坑の見学に移ります。

《前編》でも書きましたが、エレベーターやエスカレーターはないので、階段は自力です!110段あります!

そんなに辛くはないのですが、普段階段に慣れていない場合はなかなか大変かもしれません。

龍Q館から調圧水槽まではかなり歩きました(300mくらい)が、調圧水槽と第一立坑はすぐそば(40mくらい)にあります。

円柱を4等分したような不思議な入口

第一立坑の入口は、調圧水槽よりも大きくて、円柱を4等分したような形をしてします。

これから掘削でも始まるかのような待機場所…

50人の見学ツアーでしたが、一気には降りられないので半分に分かれて見学していきます!

待機場所にあるヘルメット

今回は、「気軽に参加できる!地下神殿コース」だったのでこのヘルメットは被りませんでしたが、「迫力満点!立坑体験コース」を選ぶとこのヘルメットとハーネスを付けてキャットウォーク(作業員用通路)を歩いて降りれるのだとか……

螺旋階段を下ります!

前半グループの見学が終わり、いよいよ第一立坑を下りていきます!

螺旋階段をどんどん下りていきますが…足元が穴だらけ!!w

深さ役 約70メートル!内径約30メートル!

巨大な竪穴を見下ろせます!

側面の四角い穴…調圧水槽につながる穴です
落下防止でしょうか、通路はネットで覆われています
足元の穴が気になるところですが…

この足元の穴に、意外なアナウンス!

おススメの撮影方法!

案内してくださった職員の方から

「スマホのカメラを、足元の穴に合わせると遮るもののない写真が撮れますよ〜〜!」

ナルホド!!!

確かに!足元の穴はかなりの大きさなので、スマホカメラであればすっぽりはまって、撮影できてしまう!

撮影した、迫力ある写真!

いい感じに写真撮れました☆

《前編》の記事を読む

コメント