【「王様ランキング」感想】作者・十日草輔さんのエッセイ漫画読んだ後の見方【キャラの魅力!】

音楽・エンタメ

アニメ化決定おめでとうございます!

いつから始まるんだろう?まだ未定みたいですね。

 

「王様ランキング」は、耳が聞こえず刀を持つ力も無い非力な王子ボッジが、王様を目指して繰り広げる冒険ストーリーです。

初めて見かけた時、絵柄のレトロさから昭和のマンガが人気再燃したのかな??と思いましたが、2020年現在もマンガハックにて連載中の令和マンガです!

私はそんなにマンガをたくさん読む方ではないんですが、グッとハマった「王様ランキング」…

コアなマンガファンでないからこそ、感じる魅力をまとめました!

魅力1:キャラがかわいい!全員応援したい!

主人公のボッジは、耳が聞こえず話もできない非力な王子です。それ故に主人公でありながら、ほとんどしゃべらずにストーリーが進んでいきます。

このボッジがとにかくかわいい!応援したい!

また、話を読み進めていくと、ボッジを取り巻くキャラクターの中に悪い奴がいないことがわかってくるんです。

最初はやなヤツ!敵?だったキャラも、その本当の内面や、心変わりの様子を読み進めていくことで、すべてのキャラを応援したくなります。

魅力2:以外と?マーケティング視線で描かれている!

人気を得る漫画は全てそうなのだと思いますが、「王様ランキング」は?マーケティング視線で描かれているんですね〜

作者・十日草輔さんはエッセイ漫画で、少年ジャンプのコンセプトである「努力 友情 勝利」はシンプルにみんな読みたいものであると語っています。

「王様ランキング」を読めば読むほど、「ONE PIECE」や「ドラゴンボール」的な雰囲気を感じていたのですが、作者・十日さんもONE PIECEを研究していたと公言されています。

また、IT企業のマーケティング部で働いていた経歴もあり、どうすれば暇潰しに楽しんで読んでもらえるのか?を分析して描かれているようです。

まとめ

⚫︎「王様ランキング」単行本8巻

⚫︎「脱サラ41歳のマンガ家再挑戦 王様ランキングがバズるまで」※作者・十日草輔さんのエッセイマンガ

↑どちらも読んでいるのですが、エッセイマンガの方もオススメです!

タイトルの通りに、紆余曲折ありながら漫画家としてヒットするまでの苦労話と、作者の意外な経歴が自虐的な描かれています。

ボッジも、作者の十日さんも、応援せずにはいられない!そんな作品だなぁ〜

 

コメント